【Apex初心者向け】正しい降下方法とジャンプマスターのやり方【エーペックスレジェンズ】

Apex Apex Legends

【Apex初心者向け】正しい降下方法とジャンプマスターのやり方【エーペックスレジェンズ】

 

Apex

初心者の方

「どこに降下すればいいのかわからないし、

ジャンプマスターのやり方がわからないし、

初動ですぐ負けちゃう。。。」

なんて方向けの記事になります。

✔︎本記事の内容

  • Apex初心者向け降下方法と注意点
  • ジャンプマスターになった時に考えること
  • 初動で敵とかぶってしまった場合の立ち回り方

 

✔︎この記事を読むメリット

  • 降下する際の注意点と最適な降下方法が分かります
  • ジャンプマスターになった時に考えるべきことが分かります
  • 初動で敵とかぶった時に取るべき行動が分かります

 

✔︎本記事の信頼性

この記事は、

  • プレイ時間約1000時間
  • 爪痕、ダブハン所持
  • ソロカジュアルでほぼ毎日修行

というApex大好きな人が書いています。

最近は、初心者の方と一緒に遊んだりもしていて、

初心者の方とプレイすることでどんなことが分からないのか

どういったことを知りたいのかなど教えていただいています。

少しでも、参考にしていただけたら嬉しいです。

Apex初心者向け降下方法と注意点【味方と被らない意識】

 

最初のうちは、自信が無く味方にジャンプマスターを譲ることも多いと思います。

私はプレイ時間300時間を超えるくらいまでずっと味方に譲ってました。。。

即降下する味方もいれば、敵がいない場所をしっかり狙って降下する味方もいます。

それぞれの降下についてポイントを書いていきます。

降下中にやること

 

いついかなる時でも降下中に必ずやるべきことはこれだけです。

  • 周りを見て敵が同じ場所を目指していないかの確認

周りに敵がいるのを知っているのと知らないのとでは、

生存率は雲泥の差になります。

即降りの場合

 

カジュアルなんかだと、即降りする味方さんが多いように感じます。

即降りは基本的に生き残るのはかなり難しいです。

なので、戦闘経験を積むと割り切ってプレイすることがおすすめです。

即降りした場合の降下で気をつけるポイントは以下の2つです。

  • 周りを見て敵が降りて来なさそうな建物を探す
  • どの建物にも敵がいる場合、味方と同じ建物に降りる

 

周りを見て敵が降りて来なさそうな建物を探す

 

最初は、敵が降りそうな場所を見極めることが難しいと思います。

ただ、意識して敵の動きを見ていれば数時間で感覚が掴めます。

大切なのは、

意識して敵を見続けること

です。

どの建物にも敵がいる場合、味方と同じ建物に降りる

 

基本的に、味方と同じ建物に降下することはあまり良くないとされています。

一人当たりの物資量が少なくなってしまうからです。

とは言っても、

死んでしまっては意味がないので降りられる建物がないと判断した場合は味方と

同じ建物に入ってしまいましょう。

チームで建物が1つも取れなかった場合

 

基本的に、味方の動きに合わせましょう。

  • 味方がどこかの建物を撮りに行くような動きをしたらついていく
  • 味方が別な場所へ向かうならついていく
  • 味方が別々に行動した場合は、別な場所へ向かう味方についていく

基本的に、初動で後から入って建物を取り返すことは難しいためです。

降下場所に敵がいない場合

 

  • 味方と2〜3個くらい離れた建物におります
  • 後はゆっくり漁るだけ
  • レベル2以上のアイテムにはピンを指して味方に教えてあげましょう

 

ジャンプマスターになった時に考えること【敵と被らないようにする】

初動での戦闘は、圧倒的な実力がない限り運要素に左右されてしまいます。

なので、基本的には初動の戦闘は避けましょう。

ジャンプマスター手順

 

ジャンプマスターになった時にやることは、

以下の3つだけです。

  • 降下地点を選んでピンを指す
  • 目的地との距離が500mになったタイミングでジャンプする
  • ピンに向かって真っ直ぐ飛ぶ

それぞれに、ポイントと注意点があるので解説していきます。

降下地点を選んでピンを指す

 

  • マップの真ん中〜奥側の建物が集まっている場所を探してピンを指す
  • 目的地との距離が500mになったタイミングでジャンプする

 

※ピンを指すとピンに照準を合わせることで距離を見ることができます。

その距離を確認し、500mになったタイミングでジャンプをしましょう。

ピンに向かって真っ直ぐ飛ぶ

後は、周りを確認しながらピンに向かって真っ直ぐ飛びましょう。

※周りを確認する時に、ピンから照準がずれてしまわないように注意しましょう。

応用編 ロングジャンプ

ロングジャンプのやり方が分かると、

  • 最大約1200mの場所まで飛ぶことができる
  • 初動の安定性が格段に上がる

ただし、操作が少し難しいため慣れたらチャレンジしてみてください。

詳しいやり方は、下の記事に動画付きで解説がありますのでそちらを参考にしてください。

>>ロングジャンプのやり方

 

初動で敵とかぶってしまった場合の立ち回り方【最低限の装備を整えて味方に寄る】

 

まずは、大前提としてどんなに慎重に降下場所を選んでも

敵とかぶってしまうことはあるということは知っておいて下さい。

その上で、

ここでは敵とかぶってしまった時の立ち回り方を紹介します。

敵とかぶってしまった場合のポイントは2つ。

  • 味方が降りる隣の建物が漁ることができればベスト
  • 最低限の装備が整ったら味方と合流

それぞれについて詳しく説明していきます。

味方が降りる隣の建物が漁ることができればベスト

 

味方の隣の建物を漁ることがベストです。

理由は、

  • 一つの建物で最低限の装備は整う
  • アイテムがシェアしやすい
  • 敵がきた場合にもすぐ味方と合流できる

この3つが挙げられます。

最低限の装備が整ったら味方と合流

 

早めに味方と合流することで、

  • 敵を倒しにいく
  • 早めに安全地帯に移動する
  • 漁りを続ける

このような判断をすることができるようになります。

意図しない戦闘が起こった場合にも、

味方と近くにいることですぐにカバーに入ることができます。

カバーの方法について説明すると長くなってしまうので、

ここでは省かせてもらいます。

カバーについて知りたい方は、以下の記事を参考にして下さい。

>>カバーのやり方と解説

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

降下〜初動の動きについて解説をしました。

初めはうまくいかないことも多いと思いますが、諦めずに挑戦してみてください。

他にも記事を書いていますので、

興味のあるものがあれば見てみて下さい。

【これだけ見ればOK!!】全アイテム紹介&解説(更新日2021/03/30)【Apex 初心者向け】

Apex初心者が知るだけで成果が出る立ち回りの知識【知るだけで強くなります】

それでは、良いゲームライフを!

コメント

  1. […] >>ジャンプマスターの基礎はこちらから […]

タイトルとURLをコピーしました