【Apexランクマッチ】プラチナ帯での正しい立ち回りとプラチナⅣを抜け出せない人の特徴【倒すべき敵を倒す】

ランク説明 Apex Legends

【Apexランクマッチ】プラチナ帯での正しい立ち回りとプラチナⅣを抜け出せない人の特徴【倒すべき敵を倒す】

 

 

この記事は、

「プラチナ4から抜け出せない!!!
プラチナ帯に高い壁がある、、、」

なんて思っている方向けの記事になります。

この記事を書いている私は、

「シーズン6のスプリット1で初のプラチナに到達」

「シーズン8のスプリット1までプラチナⅣで停滞」

と長い間プラチナⅣから前に進むことができていませんでした。

以下、シーズン6~8の画像です。

シーズン8スプリット2にしてようやく、

プラチナⅣの壁を超えることができました。。。

そこで今回は、

プラチナⅣ攻略のために私がやったこと、考えたことを紹介します。


 

☑本記事の内容

  • プラチナ帯での立ち回りの正解はこれ!
  • プラチナⅣから上がれない時に確認すべきこと5選
  • プラチナⅣから上がれない人の特徴3選

 

☑記事を読むメリット

  • プラチナ帯でRPを盛る立ち回りの考え方が分かります
  • 自分のプレイで改めて確認すべきことが分かります
  • プラチナⅣで停滞している人の特徴が分かります

 

あくまで、

「私がRPを盛った方法」

の話になります。

ただ、

1日の野良ランクで800RP盛ったという実績があるので

参考にはなるかと思います。

 


プラチナ帯での立ち回りの正解はこれ!【確実にRPを盛る方法】

【前提】プレマス帯の方を参考にしない

前提として、

プレマス帯の人を参考にしてはいけません

理由は以下の通り。

  • エイム・判断のレベルが違うから
  • 当たり前のように良い立ち回りしてるから
  • 全てのプレイにおいて経験値が高すぎるから

 

もちろん、

全てが参考にならないわけではないですが

参考になる部分と参考にならない部分の見極めが難しいです。。。

私もずーーーっと、

youtubeでプレマスランクの動画を見ていましたが

プラチナⅣを抜け出すことはできませんでした。

降下後の立ち回りの考え方

降下からの立ち回りで考えることは、

以下の通りです。

  • 降下地点には、マップの端の方を選ぶ
  • 降下中は周りを確認
  • 安置に向かう途中で被りそうな敵を積極的に倒しに行く
  • 安置際でポジションを確保しつつ順位を上げる

 

これらを意識するだけで、

着実にRPを稼ぐことができるはずです。

 


欲張らないでプレイする

欲張りプレイは禁物です。

以下のような場面に注意しましょう。

  • 敵の1人を削ったからといって自分1人で突っ込んでいく
  • 周りを警戒せずに漁夫りに行く
  • 遠くにいる敵を棒立ちで見続ける

 

「なに当たり前のこと言ってんの?」

と思うかもしれません。

しかし、

意外と出来ていないんです。

今一度プレイを見直してみましょう。


敵の行動を意識し続ける

具体的に何を意識するのかというと、

  • 敵はどう動きたいのか
  • 敵が自分たちをどこから狙いたいのか
  • 敵がどうやって詰めてくるのか

こんなことを意識し続けます。

考えていないと対応が遅れ敗北の原因となります。

思考停止状態が一番ダメです。


プラチナⅣから上がれない時に確認すべきこと3選

部隊壊滅

確認すべきことは以下の通りです。

  • 撃ち合い時の立ち回りが悪い
  • 降下場所が悪い
  • とりあえず漁夫に向かっている

 

パッと見て心当たりはありますか?

1つずつ解説します。

撃ち合い時の立ち回りが悪い

撃ち合いの立ち回りは、

経験によるものが大きいです。

しかし、知識として知っておくべきことはあります。

ここでは説明しきれないので、

撃ち合いに自信がない方は下の記事を見に行ってみて下さい。

>>知りたい方は2本目、3本目の動画をご覧ください


降下場所が悪い

結論から言うと、

ロングジャンプをしましょう」

ロングジャンプのメリット

降下場所を選ぶ際に、

「500mくらいの場所」

を選んでいませんか?

 

それだと、

選択肢がかなり狭まってしまいます。

ロングジャンプはやり方が難しくないので、

必ずやり方を知っておきましょう。

やり方は、以下の動画で学ぶことができます。

ポイントは、以下にまとめてます。

 

 

とりあえず漁夫に向かっている

近くで銃声が聞こえたときに、

とりあえず漁夫に行っていませんか?

倒すべき敵と戦わなくていい敵の見極めが重要です。

ここでは、

戦うべき敵の見極め方について書いていきます。

見極め方は以下の通り。

  • 安置外には、基本行かない
  • 高所に陣取っている敵とは戦わない
  • 自分たちの進路を塞ぐ可能性のある敵は戦う

 

これらを意識するだけでかなり変わると思います。

慣れてくると意図した戦闘が多くなるので、

勝率も上がってくるはずです。


プラチナⅣから上がれない人の特徴3選

プラチナマイナス

ここでは、

プラチナⅣから上がれない人の特徴について書いていきます。

プラチナⅣから上がれない人の特徴は以下の通りです。

  • まだ適正ランクではないと考えてランクをプレイしなくなる
  • エイム力が足らない
  • 自分のプレイを反省しない

丸々2シーズンの間プラチナⅣにいた私が感じたものなので、

そこそこ信憑性はあると思います。

まだ適正ランクではないと考えてランクをプレイしなくなる

この考え方は絶対にNGです。

ランクをやり続けないと上手くなりません。

撃ち合いの強化には、カジュアルは最適です。

しかし、ランクならではの

立ち回りや空気感はランクしか培うことができません。

挫けずやり続けましょう。

エイム力が足らない

エイムはすぐに上達することができません。

プレイ時間に比例して上達していくと考えていいです。

なので、毎日欠かさずプレイをしていればエイム力は確実に身に付きます。

とはいっても、

練習で効率を上げることは可能です。

効果的な練習方法を知りたい方は以下の記事からどうぞ。

>>効果的なエイムの練習方法はこちら

自分のプレイを反省しない

自分のプレイに対する反省が一番重要です。

負けた後に一連の流れを反省しましょう。

反省をするのとしないのとでは、

数日でかなりプレイに差が出ます。

反省の流れは、以下の通り。

死亡 → 反省 → 反省内容を意識してプレイ

効果的なのは、

プレイを録画して見返すことですが

頭の中で思い出すだけでもOKです。

反省した内容を意識して、

次の試合に臨みます。

これを繰り返していくと自然とプレイが最適化されます。

 


 

まとめ

いかがだったでしょうか。

魔のプラチナⅣと言われていますが、

まさにその通りですよね。

あなたもいち早く魔の領域から抜け出しましょう。

それでは、良いゲームライフを!!

コメント

  1. […] >>ロングジャンプのやり方はこちら […]

タイトルとURLをコピーしました