文系はエンジニアになれるのか【結論:なれます】

IT

文系はエンジニアになれるのか

 

この記事は、

「文系だけどIT企業に就職できるかな」

「ちょっと調べて見たけどキツそうかなぁ」

「何も調べてないけど最近人気の職業だし興味はあるなあ」

なんて考えている方に読んでいただきたい記事です。

✔︎この記事を読むメリット

  • 文系・未経験という不安がなくなります
  • 実際に1年働いた人がどう考えているのかがわかります
  • この記事を読んだ後に何をすべきなのかがわかります

私自身、偏差値50の文系大学経済学部の出身で1年間バックエンド(システムの裏側のこと)中心で

働きました。

何も知らないとすごそうに聞こえるかもしれませんが、

大学時代は遊びまくり酒とゲームに溺れていましたし

プログラミングなんて入社直前の1週間まで触ったこともなかったですし

知識も何もありませんでした。

そんな私でも、働けているわけですから事前に準備をしようとこの記事を見ているあなたは

かなり優秀です。

興味がありましたら、是非読んでみてください。

文系未経験でもエンジニアになれる理由

そもそも人材不足

立派な方々の調査では、今後どんどんエンジニアが足りて行かなくなると言われています。

実際、コロナウイルスが流行しても仕事がなくなることはなかったです。

技術はどんどん進歩していますからその技術についていく技術者は足りなくもなりますよね。

新入社員向けの自社研修が用意されているから

基本的には、新入社員用の初期研修が数ヶ月あると思います。

逆に、初期研修がないところは絶対にNGです。

私自身、全くの未経験で初期研修を受け主にC言語とSQLを学びましたが

仕事ができるレベルには到達しています。

C言語は研修以来使っていませんが、、、

コミュ力が重要視されているから

基本的に、仕事は数人〜数十人単位のチームで行うことになります。

どんなに技術力があっても報告などがないとチームに影響が出てしまいます。

できなくてもちゃんとできないと言えて教えを乞う人の方が育てる側としては育て甲斐がありますよね。

実際に行動に移す前に知っておくべきこと【やりたいと思えることは何か】

答えのある問題に立ち向かえるか

プログラムで動いているものを相手にしている以上、必ずバグは起こります。

バグが発生するということはどこかしらに原因が必ずあるということになります。

分からなくても解決を目指せるかはかなり重要になると思います。

IT業界のどの職種を目指すのか

IT業界といっても様々な職種があります。

  • フロントエンドエンジニア
  • バックエンドエンジニア
  • ゲーム関係
  • 主に設計をする人 などなど

調べれば調べるだけ色々出てくると思います。

そんな中で自分がどんな仕事をしたいのかを決めないことには始まりません。

まずは、どの職種が面白そうなのか

探してみるのがいいかと思います。

1年働いて思うこと

企業側も配慮した仕事をくれる

まず、大前提として会社側も未経験であることを汲んでくれるので

いきなり無理難題を押し付けられること

はないと考えていいです。

最初から残業続きなんてことはそうそうないかと思います。

私の場合、残業のほぼない案件に携わっているので時間には結構余裕があります。

みんながみんなスーパープログラマーではない

私は、実際に業務に入る前まで

プログラム組んでるような人はみんな天才なんだろうなぁ」とか

思ってました。

自分で働いてみると分かるんですけど、

みんな分からないことを調べながら作業してるんですよね。

ですから、すごい人しかいなさそうだからという理由で

諦めようとしている人は、正直もったいないです。

資格の勉強ドチャクソつまらん

就職を有利にするためにIT系の資格を取っておこう。

なんて考えていませんか?

「その資格がどうしても欲しい」とか「この資格の勉強めちゃおもしろ!!」

とかって人はまじですごいと思うので全力で資格取得してください。

でも、大半の人って資格の勉強とか面白くないですよね。

私は面白くなかったです。

「基本情報技術者」というIT業界で働く人には必須の資格なんて言われている資格があるのですが

内容が死ぬほど面白くないんですよね。

2進数とか16進数とかぶっちゃけ知らなくても仕事に支障ないんですもん。

それなら、自分で画面を作って見たりその画面にボタンを設置して動きをつけて見たり

ちょっと難しいけどログイン画面を作って認証する機能まで作るみたいな方が全然楽しいです。

面接に自分が作った画面印刷して持ってったりしたら余裕で内定もらえます。

就職はできるけどその後が大変なんじゃないの?

なんて思う人がいるかもしれません。

結論「ある程度は大変です。」

けど、これはどこに就職しても同じです。

学生から突然社会人になるわけですから大変に決まっています。

ただプログラミングにおいては、

明確に答えがありますから目指す先が想像しやすいです。

勉強すればするだけ自分の力になりますから楽しいですよね。

私は、こういうところが結構好きです。

ゲームのレベル上げみたいで。

まとめ

いかがだったでしょうか。

悩んでいた方は、「意外と行けそうなのか???」

なんて思ったと思います。

そうなんです。意外と行けちゃうんですよ。

とりあえず、やるべきこととしては

「目指す職業」を明確にすることです。

1つに絞る必要もないと思います。

目指して、調べて、やってみる

それが一番です。

是非、やってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました